ホワイトニングを審美歯科にておこなおう【白い歯GET】

dentists

歯と歴史と

dentists

歯科医学の歴史について

歯と言うのは人間に無くてはならない重要な身体の一部です。2003年に施行された健康増進法の中にも、歯の健康の保持と法律に明記される等、歯と健康は切っても切り離せない関係であると言えます。そんな歯の健康をサポートしてくれるのが、様々な医療の中に存在する歯科です。 我が国の歯科医学の発展は、1800年代後半に外国人の歯科医師が来日したのが最初と言われています。その後、政府によりドイツ医学の導入が決定され、歯科の指導者が来日し、指導に当たったと言われています。日本で最初の歯科専門医は小幡英之助です。当時は歯科と言う名称ではなく、口中科とされています。また、産科と眼科、整骨科と同じ分類に明記されています。

歯と口腔の健康保持の重要性

歯及び口腔の疾患は、命に直接影響がある事は少ないとされています。しかし、食べる事や話をする事、表情を作る事等に多く影響する事から、精神的な影響が多大にあると考えられます。したがって、歯や口腔の健康を維持する事は非常に重要であり、医師の存在もかなり重要だと言えます。近年の日本は、高齢者が増加傾向にあります。高齢者向けの治療や予防、歯の再生等の需要が今後伸びると思われます。逆に、近年の歯科医療の進歩から、小児分野や歯の保存等に関しては需要が減少すると言われています。減少の要因として少子化と予防の技術向上や材料の進歩等が挙げられます。 いずれにしても、歯の健康と口腔の健康には、医者の存在が不可欠です。年々増加している歯科医ですが、歯と口腔だけでなく、全身の健康状態にも気を配れる歯科医が今の日本には求められています。